公開空地/公図の注意点は?

空地とは?@

空地(くうち)というのは、
敷地内で、
建物が建っていない場所のことをいいます。

 

一般に、マンションなどの場合ですと、
この空地の割合が高いほど
住環境がよいと言われています。

空地とは?A

また、空地率といった場合には、
マンションの敷地全体に対して、空地が占める割のことをいい、
これは%で表示します。

 

さらに、公開空地といった場合には、
土地所有者のみでなく、
一般の人も利用できる空地のことをいいます。

公開空地とは?

公開空地というのは、
建築基準法に基づく総合設計制度などにおける、
開発プロジェクトの対象地域内にある
オープンスペース(空地)のことをいいます。

 

この公開空地では、有効面積に応じて、
建設する建築物の容積率の割り増しや、
高さ制限の緩和を受けることができます。

 

公開空地の条件としては、
塀などで道路側から遮らず、一般に開放されて、
歩行者が自由に通行したり、利用したりできることなどがあります。

 

なお、再開発の際にも、
公開空地が求められるケースがあります。

 

スポンサーリンク

公図とは?

公図というのは、
登記所が保管している
土地台帳付属地図のことをいいます。

 

この公図を見ると、
登記された土地の区画や地番、
位置、形状などが記入されているので、
土地の事実概要を知ることができます。

 

ちなみに、公図は、明治時代の初頭に、
地租改正事業として行われた測量をもとにつくられているものです。

公図の注意点は?

公図は、
土地一筆ごとに測量されているのですが、
当時の技術が稚拙だったことや、
住民からの申請方式だったことから、

 

過少申告なども多く、
大掛かりな改革が行われた都市部以外の場所については、
不正確なところもありますので注意したいです。

 

スポンサーリンク