市街化区域/市街化調整区域/準住居地域/準都市計画区域とは?

市街化区域とは?@

市街化区域というのは、
都市計画区域のうちの1つです。

 

具体的には、
すでに現在市街地を形成している区域と、

 

おおむね10年以内に
優先的かつ計画的に市街化を図るべき
と判断された区域のことをいいます。

市街化区域とは?A

市街化区域では、
用途地域と道路、公園、下水道などの都市施設を
都市計画で規定して整備するだけでなく、
土地区画整理事業や市街地再開発事業などが実施されます。

市街化調整区域とは?

市街化調整区域というのは、
都市計画法に基づく都市計画区域内のうち、
市街化を抑制する区域のことをいいます。

 

この市街化調整区域では、
原則として用途地域を定めず、
開発行為などや住居の建築に制限があります。

 

なお、市街化調整区域は、
農地や山林地帯などが中心ということもあって、
人口および産業都市への急激な集中による、
無計画で無秩序な発展を防ぐ役割を持っています。

 

スポンサーリンク

準住居地域とは?

準住居地域というのは、
都市計画法により規定された用途地域の1つです。

 

具体的には、道路の沿道などにおいて、
地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りながら、
これらと住居が調和した環境を保護するための地域です。

 

この準住居地域を大別すると、
住居系の地域に含まれるのですが、
主として道路沿いに指定したエリアで、

 

自動車車庫や150u以内の
自動車修理工場などの自動車関連施設、
ロードサイド店舗などとの
調和を図ることを目指しています。

 

なので、パーキング付きの
次のようなロードサイドの施設を想定しています。

 

■パーキング付ファミリーレストラン
■大型物販店
■ショールーム...など

準都市計画区域とは?

準都市計画区域というのは、
2000年の都市計画法の改正により設けられた、
都市計画区域外に拡大している
都市的な土地利用に対応した地域のことです。

 

具体的には、
用途無秩序な混在や良好な環境の喪失を防ぐために、
都道府県が指定し、

 

用途地域など土地利用の整序のために必要な
都市計画を定められるとした地域のことをいいます。

 

なお、準都市計画区域では、
定めることができる都市計画というのは限られていて、
都市施設、市街地開発事業、地区計画等
に関する都市計画は定めることはできません。

 

スポンサーリンク