サービスルーム/コンドミニアム/サービスバルコニーとは?

サービスルームとは?@

サービスルームというのは、
建築基準法の換気基準や採光基準などを
満たしていない居室以外の部屋で、

 

納戸として、建築確認を
受けているもののことをいいます。

サービスルームとは?A

具体的には、例えば、
不動産のパンフレットや公告で、

 

「1LDK+S」
と表記されていれば、
「S」
がこのサービスルームを意味します。

 

なお、サービスルームは、多目的ルームとか、
フリールーム、スペアルームなどと呼ばれることも少なくありませんが、
あくまでも居室と認められた部屋ではありませんので、
主に荷物の収納などに利用されることになります。

コンドミニアムとは?

コンドミニアムというのは、
カナダやアメリカでいう分譲マンションのことです。

 

ただし、所有権と利用権を分けて考え、
リゾート地などの建物では、所有者が利用しない間、
旅行者など一般の人に賃貸されることも少なくありません。

 

もちろん、その収益は所有者に還元されます。

 

また、日本ですと、
リゾートマンションタイプの貸別荘を、
コンドミニアムと呼ぶこともあります。

 

なお、マンションというのは、
英語では「豪邸」を指しますので、
日本語でいう「共同住宅」を指すことは少ないです。

 

スポンサーリンク

サービスバルコニーとは?

サービスバルコニーというのは、
通常のバルコニーよりも小さく、
補助的な役割を持つバルコニーのことをいいます。

 

一般的には、
北向きの小さなバルコニーですとか、
キッチンに面した小さなバルコニーのことを指して
このように言います。

 

また、サービスバルコニーは、
室外機置場やゴミ置場などに利用されるケースが多いです。

 

なお、サービスバルコニーに面して
掃き出し窓が設けられることが多いことから、
室内の通風や採光がよくなりますが、

 

その反面、面積が狭いことから、
通常のバルコニーよりも、用途が限定される欠点もあります。

 

スポンサーリンク