キュービクル式受電設備/借室変電室/警備信号錠/サニタリーとは?

キュービクル式受電設備とは?@

受電設備容量が1,000kVA以下の
受変電設備として使われるもので、

 

一般のマンションですと、
借室変電室と呼ばれる電気室を1階や地階に設け、
東京電力の管理の下に受電していますが、

 

電気室のスペースがない場合に多く使用されているのが、
このキュービクルになります。

キュービクル式受電設備とは?A

なお、
配電盤や保安開閉装置などの受変電設備や
これに伴う機器を金属箱内に
コンパクトに収納しています。

借室変電室とは?

借室変電室というのは、
マンションの管理組合から提供された
共用部分を無償で借り受けて、

 

電力会社が変電設備を設置し、
電力を供給するための電気室のことをいいます。

 

この借室変電室は、
主に50〜2,000KVA以下のマンションや、
20KVA級三相3線式配電地域にある
中規模建築物に配電する場合に設置されます。

 

ちなみに、電力会社が電気の保安責任を有しているので、
電力会社係員の立会いなしには入出することはできません。

 

また、変電設備としては、高圧から低圧への変圧器、
電力ヒューズなどが設置されています。

 

なお、近年では、
建物の有効利用化や省スペース化のために、

 

屋外型のキュービクル形式のものや、
パットマウント型のものが、マンションの変電設備として
採用されるケースが少なくないようです。

 

スポンサーリンク

警備信号錠とは?

警備信号錠というのは、
ドアの施錠・解錠操作と連動して、
警備システムの防犯スイッチの
ON/OFFができる錠のことをいいます。

サニタリーとは?

サニタリーという言葉は、本来は
「衛生的」とか「衛生上の」
などという意味で用いられるものですが、

 

住居について使用される場合には、
トイレや洗面所、浴室などの水廻りのことを指します。

 

また、一般に、
サニタリー用品のこともサニタリーと呼んでいます。

 

なお、バスサニタリーであれば、
浴室マットから洗面用具まで、

 

トイレサニタリーであれば、
トイレットペーパーホルダーから便座シートまで、
幅広く用いられています。

 

スポンサーリンク