住宅被害を受けたときの補償金額は?/情報収集してマンション購入...

被害を受けたときの補償金額はいくら?@

住宅被害を受けた際に、
いくらくらいの補償が受けられるのかというのは気になりますよね。

 

実際、建物が被害を受けたときに
支払われる保険料の金額というのは、

 

建物を購入したときの金額ではなくて、
保険金支払い時の、
住宅の流通価格(時価額)で決まるからです。

被害を受けたときの補償金額はいくら?A

時価ですから、
立地条件や構造等により変わってくるわけですね。

 

この時価によっていることもあって、
現在では、住宅購入時に支払った金額よりも、
保険金の額が少なくなるケースが少なくないようですね。

 

このようなケースを想定して、
複数の保険会社の商品に加入しておくことも
危機管理の手法といえるのかもしれませんね。

 

さて、保険会社の選択ですが、
近年は経済不況の折から、中堅の保険会社も倒産して、
保険料の額が減少する事態になってしまうこともあるようです。

 

なので、
大手保険会社や外資系の保険会社を選択する人も
増えてきているようです。

 

とはいえ、良い保険会社を選択するには、
会社の規模だけではなく、
実際の経営状態や資産状況も重要となるんですよね。

 

こうした情報は、証券会社や
インターネットなどでも確認することができますので、
契約前に確認しておくとよいと思います。

 

スポンサーリンク

情報収集してマンション購入を決定するまで…

まずは、希望のエリアや価格を決めて
マンションの情報収集にあたるようにしたいですね。

 

現在の住まいの近隣でということであれば、
折り込み広告も有効な情報源となると思います。

 

このとき、細かい文字の部分は見落としがちですが、
しっかり確認することが重要ですね。

 

そうして物件を絞り込んだら、
今度はモデルルームの見学に行ってみましょう。

 

モデルルームでは、構造の特徴なども
販売センターでチェックしてくださいね。

 

仮設モデルルームの場合は、
必ず現地へ足を運んで、近隣の環境を見ておくようにしたいです。

 

販売センターでは、営業マンの接客態度や知識も
販売会社を知るすべになりますから、しっかり観察してきましょう。

 

モデルルームの内部はもちろんのこと、
様々なところに目を向けて、業界全体を把握するようにしたいですね。

 

こうして希望物件の資金計画が立てられれば、
いよいよ購入マンションの決定です。

 

なお、購入代金のほかに、諸費用も
予算に組み込むことを忘れないようにしてくださいね。

 

■情報収集
・インターネットや情報誌などで情報をチェックします。地元であれば、折込広告も有効です。
     ↓
■モデルルームの見学
・設備や間取りばかりに気を取られることなく、建物の構造や地盤、環境などもチェックします。
     ↓
■資金計画を立てる
・自己資金と融資を受けられる金額から購入金額を算出します。最重要ポイントは返済可能額です。諸費用もお忘れなく。
     ↓
■購入物件の決定
・物件の確認・・・建物や設備のみならず、管理についてもチェックします。
・業者の確認・・・施工・販売・管理の各会社をチェックします。必ずしも大手が良いというわけではありません。

 

スポンサーリンク