理想のマイホーム/マンション購入の情報収集は?

理想のマイホームとは?@

高い買い物ですから、できることなら
理想に近い物件に出会いたいですよね。

 

近年、新築マンションブームと言われて久しいですが、
より安く、質の良いマンションを希望する人が
益々増えているようですね。

理想のマイホームとは?A

当たり前ではありますが、
立地条件が良くて、しかも設備の充実した
付加価値の高いマンションは、
人気も高く売れやすいと言われていますよね。

 

さて、マンションを立地面から見ますと、
その最大の利点は何だと思いますか?

 

これは、駅前や繁華街など
利便性の高い場所に居住できる
という点にあるんですよね。

 

多くの人が
「理想は土地付き戸建て住宅」
と言いますが、

 

通勤通学や買い物、外出など、
実際の生活を考えていくと、
できれば駅や商店街が徒歩圏にある
アクセスの良い場所という希望も出てくるものですしね。

 

しかしながら、金額的なことは当然ですが、
環境や面積なども考慮すると、

 

そのような好立地での戸建て住宅は
かなりハードルが高い物件であるということが
わかってくるわけです。

 

資金がいくらでもある人は別ですけれども…。

 

とはいえ、こうした希望も
マンションでしたら可能になるのですよね。

 

最近ですと、都心部や駅前などの分譲マンションでも、
手頃な価格で販売される物件が増えてきているんですよ。

 

マンションは設備が充実し、
セキュリティもしっかり考えられていますので、
好立地であるがゆえの治安面での不安も
ある程度は解消されますからね。

 

また、中には小さい子供のいる世帯や
一人暮らしの女性、高齢者でも安心して生活できるような
防犯設備や警備システムを取り入れたマンションもあるんですよ。

 

このような付加価値が標準仕様となっているマンションの場合、
購入希望者も多いですから、
販売開始と同時に完売ということもよくあるようです。

 

そういったマンションに出会えるかどうかは
運も必要かもしれませんね。

 

そう考えますと、
好立地で付加価値の高いマンションこそが、
多くの人の理想に近いマイホームと言えるのかもしれません。

 

※徒歩圏
…不動産広告などでは、分速80mで計算し、15分程度(1.2q)と考えられています。

 

スポンサーリンク

マンション購入の情報収集はどうしたらいいの?

駅の改札やコンビニなどの
フリーペーパーなどもそうですが、
週末の朝刊には、
多くの折込チラシが入ってきますよね。

 

その中でも新築マンションの広告は、
ひときわ目を引くものがありますよね。

 

そこには、大理石張りのエントランスや光降り注ぐリビング、
どれも心ときめくようなものばかりが描かれていますから…。

 

今すぐにでも
マイホームが欲しいと思ってしまいがちです。

 

実際、頭金ゼロなどの誘い文句も多く書かれていますしね。

 

でも、広告だけで、
マイホームを選択するのはNGですよ。

 

そろそろマイホームを購入したいと考えていても、
具体的なエリアや、戸建てかマンションかといった希望さえ
絞り込めていない人も少なくないのではないでしょうか?

 

そのような人の場合は、
まずは住宅専門の情報誌を活用するのが便利ですし、
後々役に立つと思います。

 

ただ、あまりにも物件が多すぎるので、
初めは何をポイントに見ていったらいいのかもわからずに、
ページを捲っていくだけでも一苦労かもしれませんね。

 

とはいえ、多くの物件情報を見ているうちに、
自分の中で次第にイメージがまとまっていくのもまた事実です。

 

どのエリアが良いか、マンションか戸建てか、
マンションならどの程度の規模か、
設備は、広さは…とこうしたことは、
家族全員で話し合う材料にもなりますしね。

 

また、住宅専門の情報誌でしたら
住宅ローンや資金計画、
税金対策についての情報も充実していますので、

 

購入計画を検討する上で、
より現実的なものに近づける助けとなるはずです。

 

スポンサーリンク