ライフスタイルに合ったマンションを選ぼう!

ライフスタイルに合ったマンションを選ぶには?@

いくらオシャレで美しくても、
自分のライフスタイルと全く違うマンションだったら、
その後の生活は大変なものになってきますよね。

 

マンションを分類すると
色々な特徴が浮き出てくるわけです。

ライフスタイルに合ったマンションを選ぶには?A

まずは、実際に買いたいマンションは
どのような特徴を持ったものなのかをしっかり把握しましょう。

 

そして、本当に自分のライフスタイルに
適しているマンションなのかどうかを
チェックする必要がありますね。

 

マンションを買う場合には、
立地条件や外観、間取り、価格などの
重要なポイントを考えて選択しましょう。

 

ただし、こうしたポイントは、
当然、買い手側の主観的なものですから、

 

実際の選ぶ際には、
次のようなできるだけ客観的な条件によって
マンションを分類し検討するようにしたいですね。

 

<立地条件で検討する>
立地条件の分類として代表的なのは、次の2つです。

 

■都市型マンション
・都市型のマンションは、建設地が狭いことが少なくないので、建てられるマンションの規模は小型です。
・周辺環境よりも利便性を重視する人にはオススメです。

 

■郊外型マンション
・郊外型の特徴としては、大規模なマンションが多く、全世帯分の駐車場が確保されていたり、低階層でも日照障害が少ないなどのメリットがあります。

 

スポンサーリンク

ライフスタイルに合ったマンションを選ぶには?B

<用途別で検討する>
住居専用なのか、
あるいは店舗や事務所との併用(事業用)なのか、
また、一時的な使用なのか永住型なのか、
によって分類します。

 

住居専用であれば、
家族構成を考慮する必要がありますが、
事業用の場合なら店舗や事務所がメインとなりますね。

 

また、永住型であれば、買い替えなどせず
長期にわたり住み続けるマンションとなりますから、
2LDK(80u)以上が求められます。

 

独身世代や新婚当初に生活する
一時利用的なマンションであれば、
主流は、面積が50u程度の2LDKタイプとなり、
これには利便性が重視されますよね。

 

なお、一時的なマンションを選択する人の多くは、
近い将来、戸建て住宅や
郊外の大型マンションに移ることを希望しているようですよ。

 

<所有権で検討する>
分譲マンションには、大別すると
次の2種類に分かれるんです。

 

■土地・建物を含めて分譲されるマンション
■定期借地権付き分譲マンション

 

上記の定期借地権付きのマンションというのは、
一定期間だけ地主から土地を借り受けて、
建物のみを分譲するタイプのことなんですよね。

 

最近は、以前よりは増えてきたので、
聞いたことはあるのではないでしょうか?

 

ただ、この場合、期間が終了したら
更地に戻して地主に返却しなければならない
という欠点があるのですよね。

 

しかし、その分、通常の分譲マンションよりも
格安で買えるという利点もあるわけです。

 

なお、借地の標準的な期間は、50年と言われています。

 

この50年が長いと考えるか、
あるいは短いと考えるかは、
購入を検討しているユーザー次第と言えますね。

 

※更地
…建物をはじめとした造作物のない土地のことです。

 

スポンサーリンク