モデルルーム見学ではどこをチェックしたらいいの?

モデルルームで資金相談を受ける際の注意点は?@

せっかくモデルルームに行くのですから、
疑問に思うところは何でも聞いてきたいですね。

 

モデルルームに足を運ぶと、
そこでマイホーム購入資金についての問題点や税金、
住宅ローンの支払額等の説明を受けることができるんですよ。

モデルルームで資金相談を受ける際の注意点は?A

とはいえ、営業マンから
アンケートの記入を求められたときには、
氏名の記載は問題ないかもしれません。

 

ただし、それ以外の情報は
あまり正確に記入することは避けた方が無難ですね。

 

というのは、たいていの会社では、
アンケートの集計を専門会社に依頼して行っているので、
その会社から名簿取引業者へ
情報が流れることが少なくないからです。

 

これは、社会問題にもなっていますので、
くれぐれも注意してくださいね。

モデルルーム見学ではどこをチェックしたらいいの?

モデルルームを見学した際には
色々と見たいところもあるわけですが、最
低限チェックしたい項目としては、次のようなところになりますね。

 

■ゴルフバックなどスポーツ用品を置くスペースはあるか
■シューズロッカーの収納は十分か
■すっきりと整った玄関は、来客の際に家族の靴がぬいであっても狭苦しくないか...など

 

ここで注意したいのは、
モデルルームにあるすべての仕様や設備が、
マンションの販売価格に含まれているわけではないということですね。

 

というのは、モデルルームは、
標準仕様のみでディスプレイされているわけではなく、
オプション仕様も、ふんだんに使用しているからなんです。

 

■標準仕様
・販売されるマンションに標準的に使用されている装備や設備のことです。
■オプション仕様
・標準の装備や設備以外で特別注文したものであり、追加料金がかかります。

 

例えば、よくあるのが玄関にある姿見ですね。

 

これがあると、外出する前に
身だしなみのチェックができるので非常に便利ですからね。

 

さすが新築マンションと思うかもしれませんが、
実際のところは下の方に
「オプション」という小さいシールが貼ってあったりしますので
注意して見てみてください。

 

また、玄関の大理石風のたたきもそうですし、
中には床のフローリングがオプションということもあるのですよね。

 

なので、営業マンがいたら、
どれが標準仕様で、どれがオプションなのかについては、
しつこいくらいに聞いておいた方がいいですよ。

 

特に洗面所や浴室、トイレ、キッチンなどの水回りは、
オプションが集中しているんですよね。

 

なので、きれいな設備に気を取られることなく、
冷静に見るようにしてください。

 

ちなみに、水回りにオプション仕様が集中しているのは、
メーカーも多く種類も豊富なためですね。

 

それから、モデルルームは、プロのインテリアコーディネーターが
小物やカーテンなどをセレクトしているのはご存知でしたか?

 

家具もオシャレなものが最低限置いてあるだけですし、
電化製品も必要なものがすべて置いてあるわけではないのです。

 

よって、手持ちの家具や電化製品を置いても、
十分な広さがあるかどうかはしっかりとチェックするようにしたいですね。

 

それから、モデルルームでチェックすべきことは、雰囲気ではありません。

 

そこを一つの箱として捉え、部屋の広さや天井の高さ、
給排水、通気や採光、梁や柱の位置、
電話回線等の目に見えない部分についても
注意して見ることが重要なんですよね。

 

※インテリアコーディネーター
…インテリアをコーディネートする専門家です。照明や家具、カーテンなどを住む人の趣味や生活様式を取り入れてセレクトします。

 

スポンサーリンク