大手ゼネコンの一括システムのリスクとは?

大手ゼネコンなら安心なの?@

大手ゼネコンのパンフレットを見たことがあるでしょうか?

 

これらを見ますと、
「当社の技術陣が設計から施工・監理まで一貫して行います」
というように、謳っているものがよくあるわけです。

 

買手としては、何から何までを
一社に任せられる利便性や一貫性を、
信用してしまう傾向にありますよね。

大手ゼネコンなら安心なの?A

でも実は、トラブルも少なからずありますので
注意も必要なんですよね。

 

マンションを購入する場合、
まず融資制度や税金、販売会社のネームバリューや
間取りなどから勉強し始めますよね。

 

中でも、資金となる住宅ローンや税金のについては、
真っ先に学ぶべきであるのは言うまでもありません。

 

ですが、どちらも複雑な内容なので、
それだけで疲れてしまって、

 

販売会社の良し悪しなどは、会社の経営規模や
ネームバリューで、決めてしまいがちですよね。

 

確かに大手企業の一括システムは、
マンション建設用地の取得から建設プランや
設計図の作成、建設工事、販売に至るまで、
すべての事業を同じ社内か同系列の会社で行えるので、

 

中小の建築会社とは異なり、
事業計画に余裕が感じられるのはわかります。

 

また、すべての工程を分割して事業を行う
中小のマンション建築・販売会社よりも、
圧倒的に建設や販売コストを低く抑えることができますので、
その分、実際に販売される際の価格も安くなると言われています。

 

さらに、建設現場で何かトラブルが発生しても、
同じ企業内で対応可能となっているので、
あらゆる問題に迅速にフォローできるというメリットがあるのですよね。

 

しかしながら、ここまで言っておいてなんですが、
設計・施工・監理を一括して行っている
大手マンション業者なら安心かというと、
決してそうとも言い切れないのも事実ですなんです。

 

実際、どんな大手の分譲マンションであっても、
トラブルは発生しているからなんですね。

 

よって、大手だから安心だとは言えないということは
頭に入れておいてくださいね。

 

スポンサーリンク

大手の一括システムのリスクとは?

大手の一括システムに、リスクがある
というのはご存知でしたか?

 

設計・施工・監理を一括して行うことの危険性は、
ずさんな監理にまつわるトラブルが多いということでもあるのですよね。

 

マンションに限らず欠陥住宅というのは、
施工時の監理に問題があると言われていますからね。

 

ここで監理とは、設計にミスがないか、
施工がきちんと行われているかどうかを監督する、
いわば「お目付け役」のことですね。

 

なので、監理が施工ミスを発見したら、
工事責任者に不具合箇所を指摘して、
やり直しを指示するわけです。

 

もしも現場がその指示に従わない場合は、
法的措置をとる義務があるので、
監理がしっかり機能していれば、
欠陥住宅を防ぐことにつながるのですね。

 

ちなみに、トラブルの起きている物件では、
しっかりし監理者がいたらこんなことにはならなかったのに
というケースがほとんどのようなんですよ。

 

さて、一括システムでは、自社で設計し、
その設計図を元に施工を行い、
その施工に間違いがないかを監理がチェックしていくんですよね。

 

工事途中でミスがあれば、当然やり直す必要があるのですが、
途中まで造ったものを壊してやり直すとなると、
部材や工期も余計に使うことになるわけです。

 

経費が余計にかかるというのは、企業にとっては損失になるわけで、
自社の損失になると分かっていて
あえてやり直しを行う業者がいるならば、

 

それは、目先の利益よりも
社会的な信用の損失の方が大きいということを
よくわかっている企業といえますよね。

 

しかしながら、多くの会社では、
一括システムとは、系列会社の調和を保つためのものでは
と思ってしまうほど、
ずさんな監理にまつわるトラブルは少なくないようなのですよね。

 

こうしたトラブルを回避するためには、
買手自身が、会社のネームバリューに惑わされることなく、
自分のマンションを厳しくチェックするという
強い信念を持つことが重要だと言えますね。

 

※不具合箇所
…機能的にも構造的にも差し障りのある状態のことを言うのですよね。工期の遅れている現場ですと、建設工期の後半には、完成日(竣工日)に間に合わせようと、見えない場所や隠れてしまう場所を、図面から間引いて工事(手抜き工事)するケースもありますからね。こうしたポイントが、後に、不具合箇所として問題となってしまうのですね。

 

スポンサーリンク