軟弱地盤のマンションの注意点/地盤沈下のリスクを見極める方法は?

軟弱地盤のマンションの注意点は?@

東日本大震災は記憶に新しいところですが、
軟弱地盤の地域が、液状化被害に遭って
大変な目にあっていましたよね。

 

こうした過去の災害を見ましても、
やはり、川沿いや海辺、傾斜地などの
軟弱地盤に建てられるマンションというのは、
構造的にしっかりしている必要がありますね。

軟弱地盤のマンションの注意点は?A

とはいえ、
構造的にしっかりしたマンションですと、

 

強固な地盤に建つマンションよりも、
工期も長く建設コストも高くなりがちで、
分譲価格も割高になることが考えられるわけです。

 

最近ですと、
都心部のウォーターフロント(埋立地)に、
超高層マンションが次々に建てられていますよね。

 

ただ、こうした軟弱地盤に建つマンションは、
最新の建築技術が
取り入れられているのは事実なんですよね。

 

なので、たとえ地震などの災害に遭っても、
液状化現象などによって、
建物が沈下したり傾いたりすることは
現在ではないと言われています。

 

具体的には、支持層に打ち込んだパイルによって
建物本体が支えられているので、
建物が地震や地盤沈下の影響を受けないかららしいですね。

 

しかしながら、
このような地盤に建つマンションの最大の問題は、
建物そのものよりも、むしろ周囲の状況、
特に道路や隣接地の地盤沈下と言えます。

 

というのは、埋立地などの軟弱地盤ですと、
年月が経過するとともに地盤が下がり、
道路などが不同沈下してしまい、ひどい場合には、
建物の入口との間に大きな段差が生じることもあるからなんです。

 

また、地盤のズレによって、
水道や電気などのライフラインが寸断されることもあるわけです。

 

実際、災害があった際には、
いくら自分が住んでいるマンションだけが大丈夫であっても、
その前の道路だとかスーパーなどが被害に遭っていれば、
生活するのは困難ですよね。

 

なので、こうしたマンションは、
周辺地域の地盤の変化に注意して確認する必要があるわけです。

 

※液状化現象
…水分を含んだ砂質地盤が地震の強い震度を受けて、液体のような地盤となってしまうことをいいます。
※地盤沈下
…地下水の過度の摂取や地震などの揺れで起こる沈下、地割れ、陥没などをいいます。
※支持層
…地中内にある強靭な地層のことです。
※パイル
…コンクリート製の杭のことです。軟弱な地盤では支持層までパイルを打ち込み、建物が沈下しないようにします。
※不同沈下
…敷地や道路が、部分的に異なる割合で沈下することを言います。

 

スポンサーリンク

地盤沈下のリスクを見極める方法は?

地盤沈下のリスクは前述した通りですので、
できるだけそのリスクを軽減させるべく
マイホームは選びたいところです。

 

まずは、周辺道路の路面形状を
よく見ることから始めたいですね。

 

具体的には、マンションの周辺道路で、
大きなうねりやワダチがないかどうか、
また陥没やアスファルトの修正箇所が多くないか
をチェックしましょう。

 

また、大きな歩道や遊歩道があるような場所では、
歩道に敷き詰められたタイルが、
うねったり大きな亀裂やひび割れが発生していないか
をチェックしてくださいね。

 

さらに、近隣に建つ戸建て住宅の壁面にひび割れが多くないか、
家は傾いてないかを簡単に確認することも重要です。

 

こうした現場確認とともに、
販売会社から地盤調査報告書のコピーや標本を借り受けて、
販売会社と関係のない地盤調査会社や
設計事務所で評価してもらうとなお良いと思いますよ。

 

※うねりやワダチ
…軟弱地盤では、大型トラックやトレーラーなどの大型車両の交通量が多い道路は、大きなうねりやワダチができやすいですね。
※地盤調査報告書
…調査会社が独自に作成した調査結果を記載した報告書のことですね。販売会社の営業担当者にお願いすれば、簡単にコピーをもらえますよ。
※地盤調査会社
…地層や地盤を専門に調査する会社で、インターネットや職業別電話帳で調べると簡単に見つけられます。会社にもよりますが、おおよそ1万円程度の費用で調査結果の解析と説明が受けられますよ。

 

スポンサーリンク