崖や傾斜地のマンションは?/墓地の隣のマンションは買い?

崖や傾斜地のマンションは買ってはいけない?@

テレビの番組で、
よく崖や傾斜地の安い土地に家を建てる
という企画をやっていたりしますよね。

 

また、マンションでも
こうしたところに建てられているところがありますよね。

 

実際、景勝地や観光地などに行くと、
断崖絶壁のきわどい敷地に建っているマンションを見かけたりしますよね。

崖や傾斜地のマンションは買ってはいけない?A

こうしたマンションは、
通常の建設費よりかなり割高になりますので、
それを反映して販売価格も押し上げられるんですよね。

 

しかしながら、一部のいい加減な建築会社では、
設計会社の指定を無視して手抜きを行い、
とんでもない欠陥のあるマンションを
造ってしまうケースもあったりするんです。

 

こうしたマンションでは、安心して生活できませんよね。

 

なので、このようなトラブルを未然に回避するためにも、
隣接地に大きな断崖や傾斜のある物件は
購入しないのがいいと思います。

墓地の隣のマンションは買い?@

どんなにオシャレで間取りもよさそうなマンションでも、
周辺環境が今一つの場合もありますから、
現地確認は大事ですよね。

 

なので、マンションを購入した後、
次のようなことで泣きを見ないように、
部屋の向きや地図上のイメージだけでなく、
自分の目で現地をしっかり確認しておくことが大切です。

 

■近くに商店街があるので買い物に便利だと思っていたら、休日は違法駐車の列だった。
■日当たり良好のはずが、目の前に高層マンションが建ってしまった。...など

 

例えば、東南向きで日当たり良好のリビングのはずが、
購入後まもなく目の前に
別のマンション建設が始まったらかなり憂鬱ですよね。

 

また、工事中の騒音はもちろんですが、
完成後はほとんど日が入らず、
隣の高層階からの視線にいつもさらされているようでは、
快適な生活は望めませんよね。

 

よって、隣接地にマンションや高層ビルの建設予定がないか、
もしある場合は、建設後どの角度で何時間くらい日陰が予想されるのかなど、
営業マンからしっかり説明してもらうようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

墓地の隣のマンションは買い?A

それから、周囲はマンションがなく戸建て住宅ばかりだったのに、
一つのマンションが建設された途端に
軒並みマンションにという話はよく聞きますよね。

 

このようなケースは、マンション購入後に知ったのでは遅いですから、
用途地域も調べて、隣接地域に
高層マンションが建つ可能性についても検討しておくようにしたいです。

 

では、墓地の隣のマンションはどうでしょうか?

 

実は、結構穴場だったりするのですよ。

 

というのは、墓地の隣でしたら高い建物が建つこともないので、
日当たりが確保されているからなんですね。

 

いくら宅地不足と言われていても、
さすがに墓地を宅地に変えることはまずないですからね。

 

もちろん騒音の心配も不要ですしね。

 

ただし、春と秋のお彼岸やお盆の時期は、
お線香の香りが絶えないこと、
もし桜の名所であれば、
お花見の時期は人出が多いことが難点と言えるかもしれませんね。

 

※宅地不足
…都市部では、土地の価格が高いので、住宅を建てられる土地が多くありません。また、田畑などの大きな土地も、すでに開発が終わっているケースが多く、建売住宅や分譲地として売り出される物件は少なくなっています。
※東南向き
…日照面では、南向きの次に良いとされています。朝日は入りますが、間取りによっては西日が入りません。
※用途地域
…都市計画法によって規定された土地の区画のことです。用途地域別に建てられる建物の大きさや種類の規制もあります。なお、用途地域を確認するには、市町村役場の都市開発課や用土課、登記所などに行くとよいです。

 

スポンサーリンク