利便性の高いマンション/ライフサイクルを考慮した間取り...

利便性の高いマンションの注意点は?@

せっかく夢のマイホームを買うのですから、
できるだけ便利なところに住みたいですよね。

 

そこで、駅や商店街の近くは買い物に便利、
学校や幼稚園の近くなら通学に便利で
住みやすいと考えている人も少なくないのではないでしょうか?

利便性の高いマンションの注意点は?A

しかしながら、実際のところは、
幼稚園や保育園、学校が目の前にあると、
休み時間などは、結構賑やかになるんですよね。

 

まして運動会ともなると、
準備期間から日に日に練習にも熱が入るものですから、
単に近いから便利というだけでなく、
その辺のことを認識したうえで選びたいですね。

 

例えば、勤務時間が不規則で
日中に寝なければならないとか、
病弱な家族や高齢者がいたりするのであれば、
注意が必要かもしれませんよ。

 

また、商店街に近い近隣商業地区や
店舗付きマンションも同じように注意が必要ですね。

 

商店が近くにあれば、
それだけ不特定多数の人の出入りがあるということですから、
万全なセキュリティーが必要になってきますしね。

 

オートロックといっても、住人の出入りに合わせれば、
誰でも出入りできる可能性はあるわけですから。

 

店舗付きマンションで、
店舗エリアと住居エリアのエレベーターが分離されていても、
同様の危険は残されているといえます。

 

さらに、飲食店が入っているマンションの場合は、
臭いや衛生面の不安もありますよね。

 

特にスーパーが入っている場合は、
時間帯によって納品トラックと駐車の問題があります。

 

これによって、マンション周辺の交通面での安全性が
脅かされることがないかどうかも気になるところです。

 

ちなみに、スーパーの駐車可能台数によっては、
特売日や休日に違法駐車の山
ということは実際によくあることなんですよ。

 

※近隣商業地区
…駅前や市街地の中心部のことです。多種多様な商店や店舗が軒を並べる繁華街は、この区域に該当します。

 

スポンサーリンク

ライフサイクルを考慮した間取りを選ぼう!

つい見かけの格好良さや豪華さに惹かれてしまい、
簡単にマイホームを買ってしまいそうになりますよね。

 

でもそうなると、住み始めてから
様々なトラブルに見舞われるケースが多いんですよ。

 

そうならないためにも、
できるだけ間取りを現実的にイメージして、
家族のライフスタイルに合っているのかどうかを
じっくり検討するようにしたいですね。

 

例えば、ある仕事優先の夫婦は、
共働きのために会社に近いエリアを希望していたりします。

 

日中は仕事に行っているので、
日照率もそれほど気にならず、
北向きでも西向きでも構わないわけです。

 

また、週末は友人が集まるため、
広いリビングとオープンキッチンが必要と考えていたりするわけです。

 

他方、子供が2人いる夫婦の場合ですと、
今、子供は幼稚園と小学校低学年ですが、
女の子と男の子のため、
年頃になったら部屋を分ける必要がありますよね。

 

そこで、3LDK以上の間取りで、各部屋の大きさは6畳以上、
日当たりの良い南向きで、子供の安全を考慮して
クローズドタイプのキッチンを希望したりするわけです。

 

また、子供が成長して独立したり結婚したりして、
親元を離れるケースもありますよね。

 

このような際に、それまでの子供部屋を
趣味の部屋や書斎、家事室などに
簡単にリフォームして活用できるように
考えられているマンションもあるんですよ。

 

物件選択の中で一番重要なのは、
こうした住む人それぞれのライフサイクルを考慮して
間取りを決めることといえそうですね。

 

※日照率
…1日のうちで、建物の重要な部分(居室等)に直射日光の当たる時間のことです。
※オープンキッチン
…アイランド方式とも呼ばれているもので、レンジやシンク、作業台等のキッチンスペースが、リビングと一体になった方式のことをいいます。パーティや来客の多い家向きのキッチンといえます。
※クローズとタイプ
…一般的なマンションに多い標準的なキッチンのことです。リビングとは別に区画されているので安全性は高いです。

 

スポンサーリンク