間取りと動線の重要性/効率よく使える間取りとは?

間取りと動線の重要性とは?@

前述した羊羹型のマンションで、
仮に洗面所や個室のドアが
すべて廊下型に開くとしたらどうなると思いますか?

 

ドアを開けるときは、
常に廊下を歩いている人がいないかどうか
注意しなくてはなりませんよね。

間取りと動線の重要性とは?A

それくらいで済めばまだましな方ですね。

 

実際、朝に通勤通学の準備時間は
誰でも忙しいものですが、
その時間帯に家族があちこちで
ぶつかってしまうことも予想されますからね。

 

具体的に、間取り図に
朝の動きを家族一人一人の色を決めて、
マーカーなどでなぞってみるとよくわかりますよ。

 

このようにしと、家の中を無理なく、
無駄なく動けることをチェックしておくのは非常に重要ですね。

 

それと同時に、ドアの開閉の動きから
物を置くことができないデッドスペースがどれくらい生じるのか、
またはどれくらいのスペースが有効利用できるのかなどを、

 

平面図の縮尺に合わせて縮小した家具の紙を使って、
家族全員でパズルでもするように、
平面図の上に配置してみるとわかりやすいですよ。

 

特にリビングは、ソファやテレビ、ダイニングセットなど、
様々な大型家具が入るスペースですからね。

 

家具の配置、人の動線に無理はないか、
あるいはコンセントの数や位置は十分であるか、
まずは平面図で確認してみましょう。

 

そして、次に実際のモデルルームに
実寸大の古シーツや古新聞などの切り抜きを持って行って
確認しておくようにしてくださいね。

 

※平面図の縮尺
…平面図(間取り図)には、縮尺サイズが記されています。家具のサイズを測って平面図と同じ率にすれば正確に確認できます。

 

スポンサーリンク

効率よく使える間取りとは?

できるだけ、間取りは効率よく使いたいものですよね。

 

整理整頓や収納の工夫が少々苦手であっても、
かぎられた専有面積を
効果的に利用するポイントさえ押さえていれば、
家の中がゴチャゴチャせずに暮らせますからね。

 

なので、間取りを考える際には、
スペースの基本的な使い方をマスターしておきたいです。

 

まず、スペースの有効利用の基本である、
自然に行っている部屋の使い方を分析してみることをお勧めします。

 

実際には、部屋の形やそれぞれのライフスタイル、
家具の数や置き方などにより
アレンジしていくことになりますけれど…。

 

具多的には、部屋を選択する際、
間取り図を何枚かコピーしておくと良いと思いますよ。

 

そして、動線や電気設備、
その他自分の生活に欠かすことのできない要素などを
記入してチェックしていくのです。

 

建築途中であれば、ドアの開きやコンセントの数、
窓の位置なども変更可能な場合もありますから、
ぜひリクエストしてみましょう。

 

最近ですと、CDやPCなども
各自で利用することが多いですよね。

 

こうしたこともあって、危険なタコ足配線にならないよう
コンセント数を増やす傾向にあるようですね。

 

ちなみに、PCのコンセント用でしたら、
5〜7、8個のコンセントが用意できれば十分たと思いますよ。

 

※タコ足配線
…1か所のコンセントにタップを付けて、複数のコンセントを差し込み同時に使用することです。コンセントの指定容量を超えた電気が流れることもあり、火災や爆発といった災害につながる危険な行為とされています。

 

スポンサーリンク