マンションの結露対策/共用部分で問題になるところは?

マンションの結露対策は?@

賃貸物件でもよいのですが、
マンションに住んだことのある人なら、
冬のあの窓の結露に困りませんでしたか?

 

特にエアコンや加湿器を使用して翌朝になると、
窓の下がビショビショになっていたりしますよね。

マンションの結露対策は?A

マンションというのは、利便性が良い割には低価格ですし、
管理人がいて戸締りは鍵一つでもOKと、
便利で管理が楽なのが利点といえるわけです。

 

その一方で、
騒音や結露などの建物の構造に関わる問題から
入居人のマナーまで、
最近のマンションならではの問題もあるわけです。

 

前述の話しで言えば、かつての結露といえば、
冬の寒い朝に窓がうっすら白くなる程度だったんですよね。

 

それが最近の住宅では、
窓にびっしりと水滴がつくといった状態が見られることも少なくありません。

 

特に最近のマンションは気密性が高いので、
結露対策は重要な問題となるのですよね。

 

実際、壁の内側など見えないところにできた結露によりカビが発生すると、
カビの胞子が微細な隙間から室内の空気中に漂い出し、
知らずに吸い込むことにより、喘息やアトピーなど、
住む人の健康を脅かすこともあるのですよね。

 

結露というのは、外気と室内の空気との温度差により起こるわけですが、
冬の間は、暖房された室内の空気中の水分が、
外気により冷やされた壁や窓に触れることで結露となるのです。

 

なので、外の冷気を直接受けるガラスが
最も結露ができやすい場所となるわけですね。

 

また、結露は冬だけではないというのはご存知でしたか?

 

夏には見えない壁の内側に結露ができるので、
それがカビの発生などにつながるのです。

 

窓にできる結露は、ある程度は仕方ないとあきらめるしかないのですが、
天井や壁に結露ができる場合は問題なんですよね。

 

というのは、これは断熱材がしっかりと施されていないということだからです。

 

断熱材が十分に施工されていないと、
いくら暖房の温度を低めに設定しても、また喚起をしたとしても、
日常生活で注意するくらいでは、結露を防ぐことはできないわけです。

 

結露は、通風を考慮した設計や、適切な断熱材の種類、
施工方法をとることにより防ぐことが可能となるわけですから、
その辺りのことをしっかりと営業担当者に確認するようにしたいですね。

 

※気密性が高い
…空気が逃げる隙間が少ないことで、音や温度等の遮断性能が高いです。
※換気
…強制換気と自然換気の2種類があります。強制換気は、換気扇などで空気を流す換気、自然換気は、窓を開けることによって通風する換気です。

 

スポンサーリンク

マンションの共用部分で問題になるところは?

マンションの不満の上位は、どんなことだと思いますか?

 

これは、前述した結露や騒音ですが、
ゴミ問題もまたそうらしいのです。

 

自治体によってゴミの分別方法は違っていて、
例えば、マンションによっては、
100世帯以上が1か所にゴミを出すケースもあったりするわけです。

 

ゴミは、毎日の生活と切っても切り離せないものですよね。

 

ですから、入居してから問題になることも十分に考えて、
次のような点については、
事前に管理規約などで調べておくようにしたいですね。

 

■臭いや害虫の対策は十分にとられているか
■世帯数に適したスペースがあるか
■分別方法に従って整頓できるような工夫がなされているか
■ゴミ置き場の場所は利用しやすいか...など

 

それから、エレベーターの台数についてもチェックが必要です。

 

定員は世帯数にかなったもので、
利用しやすい場所にあるのかどうかを確認しましょう。

 

少なくとも40軒に1台はないと、
朝忙しい時間帯に利用しづらい可能性が高いですからね。

 

スポンサーリンク