収納代行方式、管理費の口座振替、キーレスエントリー、キッチンパネル...

収納代行方式とは?@

収納代行方式というのは、マンション管理業者が、
区分所有者から徴収した金銭
(管理費用と修繕積立金)
を、マンション管理業者自身の口座に預け入れし、

 

その口座から払い出した金銭により、
管理事務を行うこととする金銭の管理方法をいいます。

収納代行方式とは?A

適正化法施行規則では、管理委託契約で
収納代行方式を採用すると決められている場合は、

 

管理費などの金銭は、
管理組合名義の口座には納入されず、
マンション管理業者の口座へ納入されることとなり、
分別管理の例外とされています。

 

なお、この例外が認められるためには、
管理業者は、
(社)高層住宅管理業協会と保証契約を締結し、

 

金銭を徴収してから1か月以内に、
管理にかかった費用を控除した残額を、
管理組合名義の口座に移し替えなければなりません。

管理費の口座振替とは?

管理費などの収納というのは、
マンションの戸数が多かったりしますと、
請求金額と入金した金額、
未収金額の把握に多大な労力を要します。

 

なので、一般的には、銀行の口座振替が利用されています。

 

具体的な口座振替の仕組みは、
次のような流れが基本となっています。

 

■区分所有者は、自分の管理費などの支払いは、毎月○日に自分の普通銀行から引き落としてほしいと銀行へ依頼します。
     ↓
■自分が毎月納入する管理費などについての請求は銀行に送ってほしいと管理組合に申し込みます。
     ↓
■管理組合と銀行は、管理費などの口座振替についての契約を締結します。

 

つまり、管理組合から、どの人から、毎月○日に
いくら支払ってもらうのかをまとめたデータを銀行に渡せば、

 

そのデータはコンピュータ用の磁気テープなどに書き込まれ、
自動的に処理されますので、
区分所有者(組合員)は何もしなくてもよいということです。

 

なお、預金が不足しないよう注意は必要です。

 

スポンサーリンク

額縁とは?

額縁というのは、窓や出入口の枠と、
周囲の壁仕上げの見切り部分に取り付ける材のことをいいます。

キーレスエントリーとは?

キーレスエントリーというのは、
キーをシリンダーに差し込まなくても、
ボタン一つでキーを施錠したり開錠できるシステムのことをいいます。

 

ちなみに、このキーレスエントリーは、
たいていの乗用車で設定されているシステムを、
マンションの玄関ドアなどに適用したものです。

 

具体的な仕組みは、キー本体に設置された、
または独立した小型発信器から電波を送り、
ドアロック制御ユニットをコントロールするというものです。

 

また、発信器を手に持ったりポケットに入れておけば、
帰宅時に受信機に近づくとドアロックが開錠されるシステムもあります。

 

玄関内に入るとドアが自動で閉じて、
施錠するだけでなく、
出かけるときも自動でドアが開いて、
玄関から離れると自動で閉まり、施錠されます。

 

なお、マンションエントランスのオートロックを
自動解除できる機能を併せ持つこともあります。

キッチンパネルとは?

キッチンパネルというのは、商品名なので
「壁タイル」とか「キッチンボード」
などの名称もあります。

 

具体的には、キッチンの壁面、
特にコンロ前に張るパネル状の壁材のことをいいます。

 

キッチンパネルの製品には、次のようなものが多いです。

 

■ホーロー
■メラミン不燃化粧板
■ステンレス
■アルミ...など

 

ちなみに、メラミン不燃化粧板は、
ガラス質複層板や珪酸カルシウム板などに、
硬質の塗装を施したもので、色や柄を豊富に揃えています。

 

また、キッチンパネルは、油などの汚れがつきにくく、
熱にも強く、手入れの簡単な素材でつくられます。

 

このような場所で従来から用いられてきたものとして
タイルがあります。

 

しかしながら、タイル張りは一般的に目地部分が汚れやすいことから、
最近では、目地が少なく手入れしやすい
大判のキッチンパネルを採用したキッチンが増えています。

 

スポンサーリンク