外断熱マンションと内断熱マンション...

外断熱マンションには要注意?@

外断熱マンションには、
次のようなメリットが多いと言われていますよね。

 

■建物の耐用年数が増す。
■省エネ生活が実現できる。
■夏涼しく、冬暖かい。
■結露が抑制できる。...など

外断熱マンションには要注意?A

ただし、中には、実際には
外断熱とは、とても言えないものもありますので
注意が必要です。

 

本当の外断熱マンションは、
簡単に見分ける方法がありますので
それを参考にチェックしてみてください。

 

その見分け方ですが、
まず外断熱マンションの基本は
「建物全体を断熱材ですっぽりと包み込んでいる」
ということです。

 

「最上階の屋上部分は外断熱工法を採用しています」
というようなセールストークもあるようですが、

 

そもそも屋上部分というのは、
直射日光の影響を抑制するために、
ずっと以前から、一般的に
外側に断熱材を配置しているものなのですよね。

 

なので、一部のみ外断熱を採用したとしても、
建物全体が断熱材で包まれていないのであれば、
外断熱の本来的なメリットを享受することはできません。

 

つまり、上記のセールストークで販売されているマンションは、
従来型のいわゆる「断熱マンション」ということなのです。

 

また、共用廊下が
建物内部に配置されている設計が
なされているものが理想的ですね。

 

断熱材の中に廊下が通っている設計でしたら、
夏は涼しく、冬は暖かい共用廊下が実現できるからです。

 

さらに、サッシに何が使用されているかも
チェックしてみてください。

 

熱が伝わりやすいサッシを使用していては、
外断熱の効果は半減してしまいますからね。

 

きっと、熱を通しにくい樹脂性のサッシやLow-eガラスを
使用しているなどの配慮がなされているはずですよ。

 

最後に、若干専門的な話になってしまいますが、
「熱橋(ヒートブリッジ)対策」
もきちんとチェックしてほしいですね。

 

例えば、外側に張り出しているバルコニー部分には
当然コンクリートが使用されているわけですが、
躯体部分のコンクリートとしっかりと縁が切れていないと、
バルコニー部分のコンクリートが内部に熱を伝えてしまいます。

 

これを防ぐための設計・施工が「熱橋対策」です。

 

スポンサーリンク

外断熱マンションと内断熱マンションとはどう違うの?

外断熱マンションと内断熱マンションとでは、
次のような違いがあります。

 

<外断熱マンション>
■快適性
・外気温の影響が少ないことから、室内は一年中気温が安定しています。
・室内の温度が安定していて快適です。

 

■省エネ性
・常に快適な気温に保つ場合、暖房費は従来の3分の1以下です。
・冬は暖房なしでもかなり暖かいです。

 

■メンテナンス(外壁)
・躯体の熱伸縮と雨による風化がないことから、メンテナンスに手間がかかりません。

 

■メンテナンス(内壁)
・結露やカビによる汚れがありません。

 

■建物の資産性
・コンクリートの膨張・収縮の心配がなく、長期にわたって品質を維持できる長寿命です。

 

■建設費
・1〜2割程度割高です。

 

<内断熱マンション>
■快適性
・外部の暑さや寒さに室内環境が影響されやすいと言えます。

 

■省エネ性
・相当の冷暖房費がかかります。

 

■メンテナンス(外壁)
・定期的(約10年毎)に全体に足場をかけて点検・補修が必要になります。

 

■メンテナンス(内壁)
・結露やカビによる汚れが起こるケースがあります。

 

■建物の資産性
・管理や修繕の程度によります。

 

■建設費
・通常通りです。

 

スポンサーリンク