省エネ基準、LCC(ライフサイクルコスト)、ヴィンテージマンション...

省エネマンションはトータルコストで割安なの?@

省エネルギー性の高いマンションは、
結果的に建設コストは上昇します。

 

断熱材は厚くしなければならないですし、
サッシの断熱性能も上げなければなりませんからね。

 

このような話を聞くと、省エネマンションに
二の足を踏む人も少なくないようです。

省エネマンションはトータルコストで割安なの?A

しかしながら、当初の建築費(イニシャルコスト)
とランニングコストのトータルコストで見れば、

 

省エネマンションの方がはるかに割安だ
ということは押さえておきたいですね。

LCC(ライフサイクルコスト)とは?

LCC(ライフサイクルコスト)というのは、
建物の設計・建設から、修繕、
住んでいる間の光熱費、解体費用まで含めた、
建物にかかる生涯コストのことを言います。

 

当初の建築費(イニシャルコスト)
が割安なマンションを選択すると、
修繕費用や光熱費は割高となってしまいますし、
耐用年数もそれなりですからね。

 

一方、省エネにしっかりと配慮されたマンションは、
修繕費や光熱費が割安に済むだけでなく、
耐用年数も必然的に長くなりますから、

 

トータルで見ますと
ライフサイクルコストは割安になるわけです。

 

もしも将来的に省エネ基準が義務化された場合、
省エネ性能の劣るマンションですと、
既存不適格となり、資産価値が劣る
という可能性も出てきますから注意したいですね。

 

もちろん、
どちらの考え方を持ったマンションを選択するかのは、
自分自身の哲学次第といったところでしょうか。

 

スポンサーリンク

ヴィンテージマンションとは?

立地が良くて、
高級なイメージがある億ションのような、
一般の庶民では
なかなか手の届かないような中古マンションのことを

 

「ヴィンテージマンション」
と呼んでいるケースもあるようですが、
本来の意味とは若干違っていますね。

 

本当のヴィンテージマンションというのは、
メンテナンス性や可変性に優れていて、
しっかりと管理力を発揮しているマンションのことを言うのです。

 

これまで販売されてきたマンションですと、
このマンションはいったいどうやってメンテナンスをするのだろうと、
疑問に感じてしまう物件も少なくないわけですが、

 

これは、デザインや外観に懲りすぎていたり、
格好を優先させたりしすぎていて、
入居後のメンテナンスのしやすさや
コストについての配慮が感じられないからですね。

 

もちろん見た目は重要なのですが、
メンテナンスにお金がかかりすぎたり、
そもそもメンテナンスが困難だったりするのは問題ですよね。

 

販売後のこと、つまり、購入者のことを
どれくらい考えてくれているのかということが、
ここにも現れているわけですから、

 

メンテナンス性について
どの程度配慮がなされているのかを
チェックするのも大切ですよね。

 

よって、わかりやすく言えば、
ヴィンテージマンションとは、
基本性能に優れ、しっかりと管理されていて、
いつまでも価値の変わらない、
長く住み続けることができるマンションと言えます。

 

スポンサーリンク