ペット可のマンションの注意点/ペットに関する管理規約...

ペット可のマンションの注意点は?@

かつて集合住宅では、ペット不可なのが当然でしたが、
基本的に、今の流れとしては、
ペット可へと向かっているようです。

 

こうした背景には、
単身者がパートナーとしてペットを求めるようになったり、

 

高齢化や少子化に伴い、ペットを家族の一員と見なす人々が
増えてきたこともあるようですね。

ペット可のマンションの注意点は?A

時代の流れが変わると、
住宅のあり方が変わってくるのは当然なのかもしれません。

 

マンションによっては、ペットの汚物処理場や足洗い場、
グルーミング室などの施設を設けたり、
さらにはペットフードの宅配や
獣医の紹介などのサービスを提供しているところもあるようです。

 

とはいえ、ペットを飼いたい人にとっては、
飼育できるマンションが増えていくことは嬉しいことですが、
一方で、ペットがどうしても苦手という人もいるわけです。

 

そのような人は、次のような点に注意してマ
ンションを選ぶようにしたいです。

 

■ペット好きな人が選択しないマンションを探す
ペットが嫌いな人は、
ペットを飼う人が住みやすい立地や環境を避けるというのも、
マンションを選択する際のポイントとして考える必要がありそうですね。

 

割合としては、都心部のマンションで
ペット可にするケースが圧倒的に多いようですから。

 

郊外のマンションでしたら
庭付き一戸建てを安く購入することも可能なので、
ペットを飼うために一戸建てを選択することもできるでしょうしね。

 

都内でも都下ですと、ペット可は少ないようですよ。

 

■ペットが苦手な人でも共存できる仕組みになっている物件を探す
マンションによっては、
ペット同乗中を示すエレベーターサインを設けたり、
ペットを飼育している人とそうでない人の棟を分けているケースもあるようです。

 

エレベーターや廊下では、飼い主がペットを抱くように義務付けたり、
様々な配慮を心掛けているマンションでしたら
ペットが苦手な人でも大丈夫なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ペットに関する管理規約を事前に確認しておこう!

近年、初めはペットが不可だったのに、
途中で管理規約が変わるところが続々と出てきているそうです。

 

不可にしていてもこっそり飼う住民が出てきて、
自然の流れで飼育も認めるところも少なく内容ですね。

 

管理規約というのは、住民の多数決で変更できますから、
変わってしまうリスクは常にあるので、
その辺の覚悟はある程度必要だと思います。

 

とはいえ、ペットをしつけを徹底してもらうなど、
マナーについて住民同士がとことん話し合って、
納得できる形にしていくことは必要ですよね。

 

新たな管理規約をつくることも検討すべきかもしれません。

 

中には、入居前には「ペットを買ってもよい」と言っておきながら、
実際に住み始めたら管理規約で
「ペット不可」になっているケースもあるようです。

 

こうしたトラブルは、デベロッパーが
「見つからなければ大丈夫」と適当に答えたものを、
入居者が「飼ってもよいのだ」
と解釈してしまうことから起こるようです。

 

よって、ペットの飼育に関しては、
事前に管理規約を確認しておくことが必須と言えます。

ペット飼育問題は裁判ではどうなっているの?

マンションでのペット飼育をめぐる裁判は、
すでに何件も起きているんですが、
これは、買主側が敗訴する判例が多いようですね。

 

「自分で購入したマンションなのだから、迷惑をかけずに飼えばよいではないか」
とペット不可のマンションで
こっそり飼うのがトラブルのもととなっているようです。

 

マンション分譲時の管理規約には、
ペットについて何も記載されていないので、
大丈夫だろうと愛犬とともに入居したところ、

 

その後、管理規約で不可と決まり、応じないでいたら、
管理組合に訴えられたケースもあります。

 

この裁判では、飼い主が敗訴したことから、
ペットを処分するか、
あるいはそのマンションから出て行くかの決断を迫られたのですよね。

 

なお、たとえペット可であっても、目に余るような飼い方をしていると、
管理規約が変更になる可能性もあります。

 

最低限のマナーを守ってこそ、
本当のペット共存と言えるのでしょうね。

 

スポンサーリンク