修繕の前に専門家のチェックを受けた方がいいの?

大規模修繕は予定通りに行わなければいけないの?@

基本的にはマンションも人間と同様です。
適切な修繕を行うことは、寿命を延ばし、
確実に資産を守ることにつながります。

 

とはいえ、
過剰な修繕やメンテナンスを行う必要は全くありません。

 

必要以上にお金をかけすぎてしまうケースも
よくありますので注意したいですね。

大規模修繕は予定通りに行わなければいけないの?A

例えば、マンションに住み始めて
12年目とか15年目くらいになると、
管理会社から大規模修繕の見積もりが送られてきます。

 

この見積もりが妥当なものなのかどうか、
あるいは、今それを行う必要があるのかどうかについて
あまり検証もしないで、言いなりになってしまうと、
大きな損をすることになりかねません。

 

大規模修繕ともなりますと、
数千万円から数億円単位の
一大事業になるわけですからね。

 

たいていのマンションが、
2度目の大規模修繕工事では
お金が不足してしまい、

 

銀行から借金をして工事をしたり、
住民皆で多額の一時金を出していたりしますので、
くれぐれも判断は慎重に行いたいですね。

修繕の前に専門家のチェックを受けよう!

数千万円から数億円単位のお金が必要になる
大規模修繕を行う際には、

 

事前に、本当にその修繕が必要なのか、
あるいは、その見積もり金額は妥当なものなのかなどについて、
第三者の専門家に
点検やチェックを依頼することをお勧めします。

 

探してみるとわかりますが、
実際、多くの第三者的な役割を担っている
機関や個人が存在しています。

 

第三者がチェックする場合には、
まず建物の劣化の程度を診断します。

 

そのうえで、どこを修繕するべきか、
あるいは、どの程度の修繕を行うべきか、
について判断を行います。

 

また、見積もりについても、
その妥当性や中身について詳細にチェックします。

 

ここで重要なのは、
利害関係のない第三者に依頼するということです。

 

あくまでも中立な立場の専門家を探すようにしてくださいね。

 

それと併せて、これまでの実績についても確認してみましょう。

 

マンション管理の世界というのは、
各種の法律や慣行などが複雑に絡みあっているものなので、
豊富な経験や実績に裏打ちされたノウハウが必要になるわけです。

 

そもそもマンションに住んでいる人が、
自分の資産を積極的に保全したい
という意識をきちんと持っていることが大切になります。

 

なので、近所づきあいが煩わしいからとか、
鍵一本で管理が楽だから、
といった理由でマンションを選択した住民が多いマンションですと、
話し合い自体が上手く成立しない恐れがあります。

 

これではマンションの資産性は
守ることができませんので注意したいですね。

 

スポンサーリンク

モデルルームの落とし穴とは?

モデルルームにある家具やオプションは、
目を引きますが、
それよりももっと大事なことがたくさんあります。

 

新築マンションのモデルルームを見学するとき、
専門家ですと
ユニットバスやキッチンなどの設備は
あまり気にしないそうです。

 

いずれは陳腐化していくこうした設備よりも、
基本構造部分や地盤対策、配管のメンテナンス性などを
最重要視するからということなのですね。

 

もちろん設備は重要なのですけれど、
優先順位としてはこのようになるのだそうです。

 

基本構造部分というのは、
人体で言うと、
骨組みや筋肉に当たる一番重要な部分です。

 

また、販売センターでは、
社員の知識や態度を見るそうです。

 

これは、教育をきちんと行っていないとか、
勉強をしていないような社員を配置する会社ですと、
それ以外に問題があるケースも少なくないからとのことです。

 

スポンサーリンク