モデルルームの予約済み、値引き交渉、値下げして販売...

モデルルームの予約済みは本当なの?@

モデルルームに行くと、
しばしば販売物件の全戸数を示す
掲示板が貼ってあります。

 

ここに、造花が付いている部屋は、
予約済みということになります。

モデルルームの予約済みは本当なの?A

ただし、マンション販売業者としては、
「この物件は売れている」
というイメージを与えて、

 

購買意欲を煽りたい事情があるわけで、
それをそのまま鵜呑みにするのは危険です。

 

売れてもいない部屋に適当に造花を付けて、
「すでにこんなに申し込みがあるんですよ」
と、平気で言う業者もあるそうですから
注意が必要ですね。

 

どこまでが営業戦略で、
どこからが詐欺になるのかの判断は難しいところですが、
モデルルームにいる人たちでさえ
「サクラ」の場合があるんですよね。

 

とにかく、その場の雰囲気や販売業者の
「売れてますよ」
の言葉に惑わされて、
焦って契約してしまうことだけは避けたいところです。

 

スポンサーリンク

モデルルームで値引き交渉は可能?

契約した段階でしたらまだしも、
住み始めてからでは契約を破棄するわけにもいかないのですから、
デベロッパーに値引き交渉をしてみるのもよいと思います。

 

購入後の値引きトラブルについては、
数年前に、
公団マンションの件で社会問題になりましたよね。

 

なので、それ以降、マンションデベロッパーの各社は、
次のいずれかの対応をしているそうです。

 

■値引き前の購入者に対しても値引きを適用する。
■値引き表示は表向きにはせずにこっそり行い、口外しない旨、購入者には書面を書いてもらう。

 

その書面には、
値引きが発覚して問題になった場合には、
購入者が責任を取るように、
と記載されています。

 

なお、値引き販売後は、
当然その価格が標準になりますので、
中古市場では値引き価格が基準となります。

 

スポンサーリンク

希望の部屋が予約済みだったら?

もし自分の希望の部屋がすでに予約済みになっていたら、
キャンセル待ちをしてみましょう。

 

実際には予約している人が、いないかもしれませんからね。

 

マンション販売業者としては、別の部屋を勧めてくると思いますが、
そこで渋々希望と違う部屋を選択してしまったら、
後で後悔の種となりますのでそれはやめておいたほうが無難です。

 

本当に予約が入って販売済みとなってしまっていたら、
また希望通りの物件を探せばいいだけですから。

 

一生住むかもしれない部屋なのですから、
部屋の広さなど、変更不可の部分で
安易に妥協するのだけは避けたいところです。

マンション購入後に販売会社が値下げして販売したら違法なの?

過去のマンションの値下げに関する裁判は、
主として住宅公団が販売した物件を巡って起きています。

 

民間会社はデフレ下にあった当時、
販売価格を年々下げていきましたが、
公団はそれに乗り遅れたのが原因と言われています。

 

売れ残った物件の維持費はかなりのもので、
中には75%も値下げをして売却された物件もあったそうです。

 

住民感情としては、やはり不当に高く買わされたということで
納得がいかなかったんでしょうね。

 

新住民と旧住民との間には、
わだかまりがあるというケースもありますし。

 

裁判では、
「値下げは違法とは言えない」
と住民側が敗訴する判例が相次ぎました。

 

2003年11月の公団マンション値下げ販売訴訟の
控訴審判決においても、住民側が敗訴しています。

 

一連の裁判を見ていますと、マンションを購入する前に、
「値下げはしませんよ」
と、公団側が言っておきながら値下げしたケースであっても、
法的には認められるようですね。

 

スポンサーリンク